復縁ノウハウ

復縁の為に冷却期間中にすべきこと

復縁の為に冷却期間中にすべきこと

復縁するためにも冷却期間は必要ですが、ただ連絡を取らない期間を取るだけで復縁の成功確率が上がるわけではありません。

冷却期間中に復縁の為の正しい行動をとることで、復縁成功率を飛躍的に上げることができます。

300件以上の復縁体験談から分かった『復縁成功者が冷却期間中にしたこと』をご紹介していきます。

 

別れの原因を見つける

まず初めにすべきことは別れの本当の原因を見つけることです。

ここで注意が必要なのは、相手に言われた別れの原因ではありません。

別れの本当の原因です。

別れる時に本当の理由を言ってくれるとは限りませんし、自分で理由を勝手に作っていませんか?

まずは落ち着いて、二人の今までを振り返ってみてください。
 

  • 他に好きな人ができた/浮気
  • 遠距離になってしまった
  • 結婚観のズレ
  • 忙しくてすれ違い
  • 体形・容姿の変化
  • 親の反対
  • マンネリ化
  • 喧嘩別れ

 

まずは別れの理由を把握するところからです。

別れた原因が残ったままでは相手は復縁しようとは思いません。

まずは別れの原因をしっかり見つけるところからです。

 

別れの原因の解決・改善をする

別れてしまった原因がはっきりしたら、次は原因の解決・改善です。

元々は好き同士で付き合い始めたのですから、別れの原因が解消されることが復縁するのに非常に有効なアピールになります。

 

解決・改善には時間がかかる

恐らくほとんどの原因は解決・改善にある程度の時間がかかるものだと思います。

「今すぐにでも復縁したいのに、時間かかるの?」と思ったかもしれませんが、喧嘩別れなどの一時的感情で別れたのではない限り、原因の解決・改善には時間がかかるものです。

しっかりと解決・改善してこそ相手にアピールになると思ってください。
 

逆の立場になって考えてみてください。

許せないところがあるから別れたのに、その原因を解決・改善しないで「また付き合おう」と言われたらあなたはどうしますか?

復縁したい気持ちが先走って、自分の希望を押し付けてはいけませんよ。

 

自分磨き

別れの原因を解決・改善をする方法の1つは自分磨きです。

自分磨きはファッション、ダイエット、ヘアスタイル、メイク等の見た目だけでなく、トークスキルや決断力、行動力などの内面的なものも含まれます。

要は自分の魅力を上げるものです。

復縁をするのはもう一度恋愛をするようなものです。

新しい魅力を身に着けてアプローチしましょう。

『変わった』と相手が感じると、復縁に向けて有利な一歩になりますよ。

 

遠距離で解決・改善が出来ない場合

よくいただく質問で「遠距離が原因で別れてしまった場合はどうすればいいですか?」というものがあります。

仕事の転勤や進学など簡単に遠距離解消できない場合にはどう別れの原因を解決・改善をするのか。

1つは変えようとアピールする方法です。

遠距離で別れてしまう要因に寂しさ/会えないという事があると思いますが、これを解決するには頻繁に会いに行くようにするのが一番です。

多少の出費は仕方ありません。

むしろそこまですることで相手に本気度が伝わります。

会いに行けない事情がある人はTV電話など少なくても顔が見れるようにする、マメな連絡をするなどできる対処をしましょう。

 
もう1つは思い切って遠距離が解消されるまで待つという選択肢です。

せっかく復縁しても同じ理由で別れてしまうなら、別れの原因である遠距離が解決ができるまで待つしかありません。

もちろんその間もマメな連絡はすべきですよ。

 

別れの原因を解決・改善する努力をしていることを伝える

「冷却期間の間に他の人と付き合われては困る」そんな不安がある人もいると思います。

冷却期間中にすべきことの最後は、相手にあなたが別れの原因を解決・改善する努力をしていることを伝えるということです。

ただし、第三者から伝えるようにしましょう。

あなたから努力していることを伝えるよりも、共通の友人や相手の関係者など第三者から情報が入ったほうが復縁成功率は高いようです。

自然とうわさが相手の耳に入るのを待つなんてことではなく、協力者から情報を流してもらいます。

これは相手に自分のことを忘れないでいてもらうとともに、別れの原因を解決・改善してから復縁をアプローチする前振りです。

 

冷却期間の本当の価値

冷却期間をどう過ごすかで、自信を持って復縁アプローチができるようになる

冷却期間中にしっかりと復縁の為の準備をすることで、きっと自信を手に入れることができると思います。

ただ漠然と過ごすのではなく、冷却期間中こそ復縁成功に繋がる行動をとりましょう!