元カノとの復縁体験談

浪人が決まった時に復縁したいといわれた

浪人が決まった時に復縁したいといわれた

高校時代の話です。

初めての彼女ということもあり、付き合い始めたころは彼女に夢中で、一緒に下校したり夜に電話をしたりと非常に仲が良かったのですが、1年近くたつと以前よりも彼女に対する好きという気持ちがうすれてしまい、そっけない態度をとってしまうようになりました。

またそのころは僕が所属していた部活動の引退試合が目前に迫っていたので部活のことで頭がいっぱいだったこと、引退後も高校最後の体育祭の準備、並行して受験勉強に力をいれていたので彼女と過ごす時間がますます減っていき、最終的に彼女に愛想をつかされて破局に至りました。

信じられないかもしれませんが、実はとある私立大学の入学試験で偶然にもその元交際相手と受験会場が同じで席も近かったのです!(ちなみのその試験は両者不合格笑)

その日は受験会場から途中まで二人で話しながら帰りました。

現役時の入試結果は彼女が受験校全落ち、僕は第3志望の私大の合格はもらいましたがあまり納得いく結果ではなかったので、二人とも浪人が決まりました。

浪人生活が始まる前の春休みのとある日、自宅でのんびり過ごしていたら元交際相手から突然連絡が入り、これからの1年、メンタル的にもきつい年になりそうだし、彼女は僕のことがまだ忘れられないでいたらしくもう一回付き合ってほしいと言われました。

 

復縁より大学合格を

僕はかなり迷いました。別れ話を切り出された後も彼女ののことが嫌いになったわけでもないですし、心の支えになるという理由で交際を再開するのも一つの手でした。

ただ次の1年で何としてでも第一志望の大学に受からなくてはいけないという状況で恋愛に現を抜かすのは適切ではないと判断し、彼女が電話してくれた日の翌日に丁重にお断りしました。

時期が良くなかったと思います。

お互い現役で大学に進学していたら復縁のあったのかなと。

ただ結果からいうと、僕も彼女も恋人を作らずに必死に勉強したおかげで二人とも第一志望の大学に合格できたので復縁しないで正解でした。
 

こういった苦難に立ち向かう時に、一緒に頑張りたいと思うか、一人で集中したいと思うかは人それぞれですね。

大事なのは復縁したいと思っている相手の考えを尊重することだと思います。

これは受験に限らず、相手が仕事に集中したい時期なんかも当てはまりますね。

自分の感情だけでなく、相手の立場や気持ちも思いやることが大切なのではないでしょうか。