復縁ノウハウ

復縁の為にも友達関係を維持する

復縁の為にも友達関係を維持する

恋人同士か他人の二極ではなく、友達として関係を維持していくことは復縁にとって非常に有益です。

一時的な感情で別れ際に悪態をついてしまったり、しつこく付きまとうことで完全に拒否されてしまうよりも、一時引いて友達として関係を維持するのも復縁ノウハウです。

別れてしまった後でも友達関係を始めることをお勧めします。

はっきり言ってただ別れるのではなく、友人関係を維持することで復縁成功率は上がります。

復縁の為にも友達関係を維持するメリットについてご紹介していきます。

 

相手の情報がわかる

復縁を迫るにも最適なタイミングがあります。

例えば、相手が仕事に夢中だったり、他に恋人がいる時に復縁を迫るのは得策とはいえません。

相手の状況を知っていれば、復縁アプローチをするのに最適なタイミングがわかります。

例えば遠距離で別れたのち、転勤等で遠距離が解消される時などです。

相手に恋人がいないことを知れるだけでも大きいですね。

また、いざ復縁アプローチしようという時になって連絡方法がないなんてことにならないように。
 

自分の気持ちや都合を押し付けるのではなく、相手の状況を分かったうえで行動すれば、より受け入れてもらいやすいタイミングで復縁アプローチすることができます。

 

自分の情報を相手に伝える

友達であれば近況報告的に自分の情報を相手に伝えることが可能になります。

残念ですが、別れた後は積極的に元カレ(元カノ)の情報を得ようとは思わないでしょう。(相手も復縁を考えている場合は除く)

その状況では相手はあなたの事も気に留めることもなく忘れていってしまうかもしれません。

「別れて大切さに気付いた」とはよく聞くセリフですが、相手があなたの大切に気付くのを待っているだけでは復縁がいつになるかわかりません。

諸刃の剣になりかねませんが、新しい恋人を匂わせて相手の嫉妬心を煽るなんてことも、あなたの情報が相手に伝わる状況であればこそです。

友達としてでも相手の視界に入っているというのは重要です。

あなたが別れた原因を改善するために努力していることも、別れを後悔し反省していることも、伝わらなくなってしまいますからね。(それとなくですよ)

 

別れてしまった後も友達関係でいるために

友達関係を維持する(戻る)為には別れ際も大切です。

別れたくないばかりにしつこくしたり、相手の家や会社へ押し掛けるなど付きまとってしまうと「二度と会いたくない」となってしまいます。

軽い挨拶的に連絡を取ってみて、素直に「友達に戻ろう」と言ってみてはどうでしょうか。

別れた時の状況(浮気がバレて修羅場とか)によっては冷却期間を長めに空けたり、復縁協力者の力を借りたほうが良い場合もあります。

それでもいきなり復縁するよりもずっとハードルは低いはずです。

まずは友達関係になるところから、再び恋愛を始めましょう!

 

友達から復縁を始める

復縁を成功させるために友達となって、最適な復縁アプローチのタイミングを待つ

復縁の為に友達関係を維持するというのは、戦略的撤退に似ています。

機をうかがい、情報を得るためにあえて伏せると思ってください。

想いを伝えるのは大切ですが、自分の気持ちだけ優先して復縁を迫るのでは玉砕です。

ずるい言い方かもしれませんが、本当に復縁を望むなら、相手に受け入れてもらえる状況(原因の改善やタイミング)も考えるべきですよ。