元カノとの復縁体験談

結婚願望の違いで別れた

結婚願望の違いで別れた

私は定職に就かずアルバイトをしながら日々遊んでいました。

結婚願望もなく今日が楽しければそれで良いと考えていました。

彼女とは二十歳の頃から付き合い始めましたが、彼女には結婚願望があり、私に定職に就いてほしかったのです。

しかし私はそんか彼女の思いを知りながら6年間遊び続けました。

そしてある日彼女から「就職しないなら結婚も出来ないなら別れよう」と別れを告げられました。

泣きながら彼女に「別れたくない」と伝えましたが彼女の決意は固く受け入れてもらえませんでした。

 

復縁するために就職

別れる原因が就職なら復縁の理由も就職しかないと思い、別れた翌日にアルバイト先の店長に頭を下げて「正社員にしてください」と頼みました。

就職して安定した収入があれば復縁できると考えたからです。

六年間アルバイトしていた会社だったので、とんとん拍子で試験を受けて面接をし無事に合格。

晴れて正社員となりました。

彼女に就職したことを伝えて復縁することができました。

彼女は私を嫌いになった訳ではなく、就職して欲しいからあえて別れを告げたそうです。

そんな彼女の思惑通りに就職した私です。

 

復縁して結婚

復縁した半年後にプロポーズをして結婚しました。

現在は子供も産まれ家族三人で仲良く暮らしています。

彼女は私が就職するのを待っていてくれたのですが、別れた翌日から行動に移し、スピードをもって就職することが出来たのが良かったです。

彼女からは「そんなに早く就職できるんならもっと早く就職しなさいよ」とも言われましたが、それでも喜んでくれていました。
 

別れの原因がはっきりしていたので、解決策(就職)も明確でしたね。

確かに彼女の言う通り、できるなら最初からやればいいのにとは思いますね。