元カレとの復縁体験談

復縁した後のルールを話し合った

復縁した後のルールを話し合った

 


 
理想の連絡頻度が、自分と彼との間で相違があった。

彼は毎日でも連絡を取りたいタイプだったが、自分は週に1回くらいで良いと思っていた。

こちらが連絡を疎かにしていたときに、向こうが寂しい時に拗ねたりするのが嫌になってしまった。

職場が同じだったので、連絡頻度が少ない時に毎日顔を合わせるのも面倒だと感じるようになった。

 

共通の友人から元カレの情報を入手

自分が復縁をしたいと思った時に、彼が冷めていたらアプローチが失敗してしまうので、まず共通の友人に力を借りて、自分に対する想いがまだあるかどうか?を確認した。

まだ振られたことに対して未練があり、できることならば復縁したい、と言っていたということが確認出来たので、アプローチをすることにした。

復縁しても同じ理由で別れてしまいたくないので、理想の連絡頻度を話し合い、お互いに努力したいポイントを確認した上で、復縁の話を進めた。

 

復縁する条件を話し合って決めた

話し合った結果、連絡は毎日取り、デートは月に1回の頻度で行うことを合意した上で、復縁することになった。

彼がもし連絡頻度が足りないと感じて寂しくなった場合は、拗ねたり不機嫌になる前に、他の趣味に打ち込んで気持ちを晴らすことを約束してもらった。

自分は、彼からの連絡頻度が多いと感じた時でも、返事を疎かにせず、極力連絡が取れるように努力をすることになった。

復縁できたポイントは3つ。

感情に任せたアプローチをせずに、現状をしっかりと受け止めて行動したこと。

相手との話し合いを行い、お互いに直すべき点に向き合って前に進んだこと。

勇気を出したこと。
 

復縁するときに感情だけでなく、きちんと話し合うのは良いことだと思います。

復縁した後、幸せに過ごすためのルールのでようですが、同じ失敗を繰り返さないためのものですね。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です