元カレとの復縁体験談

押してダメなら引いてみた

押してダメなら引いてみた

高校生になるときに、進学先が別々になるから私に構う時間が取れないことが原因で別れました。

彼はスポーツの強豪校で、私は進学校に進むことが決まっていました。

どの学校でもよくあると思います。

この部活は強化部だから練習以外の部分も厳しいらしいというのはでも耳に入ってくる内容でしょう。

私の彼氏が、まさに同じく私生活においても非常に厳しい強化部に入ることを決めていたのです。

その部活は、一、二年生の恋愛が禁止でした。

私に構う時間がとれないと急に言い出したのは部活の性質上逆らえない決まりである恋愛禁止があったからでした。

 
中学3年生の終わりに別れてから高校生の三年間はずっとひきづっていました。

共通の友達きっかけで彼のメールアドレスを知り、私から彼にメールをしました。

電話番号も連絡先に登録するようにだけ伝えただけです。

それから一才自分からは連絡しませんでした。

すると何ヶ月か後に無言の電話がかかってきてきました。彼です。

それから、本当にたまの頻度で何気ない会話をメールでしました。

それも一回、二回のやり取りで終了。

私も嫌われるのが嫌で催促はしませんでした。

それから年に高校生の間は年に2回程の頻度で、夜の公園でたわいもない会話をしました。

誕生日の日にはわざと日を跨ぐ寸前に送って、友達の中の一人だとせても少し自分が目立つようにしていたのかもしれません。

高校三年間はそんな片思いで終わり、大学生になりました。

そして、ついに大学2年生の夏に復縁することになりました。

私は大学生、彼は就職。

お互い場所も離れ離れで吹っ切れたと思った矢先、環境に馴染めない彼からメールが来るようになりました。

嬉しくて返信していましたが、途中から大学生ハイというのか、大学生活が楽しすぎて返信を忘れることが多くなり、彼からの連絡はなくなりました。

私もいっさい連絡を取ることはやめました。

しかし、別れて5年目でも彼が好きで周りにずっと彼の話ばかりしていました。

 
最終的には、一切連絡を取ることをやめたことが彼の気持ちを大きくしたようで、大学2年生の夏前には連絡がきて遊びにいき、年末に地元で会ってからお付き合いを再開しました。

夏前の遊びは、日帰りで、お互いに中学生の頃に戻ったかのようにただ笑っていました。

お互いの気持ちには触れずに付き合っているときの楽しい時間をそのまま思いかえせたというのが彼には大きかったようです。

今ではその彼と結婚していますが、手放したらダメな人とと思ったと当時を思い出して話してくれました。
 

時代錯誤のように感じるかもしれませんが、いまだに『恋愛禁止』という強豪校はあります。

限られた時間の中で、たまの頻度でのメールや会話で繋いだ例愛でしたね。

ご結婚おめでとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です