元カレとの復縁体験談

親に反対されていた恋愛

親に反対されていた恋愛

彼は母子家庭で、そのせいかわりと自由な発想であったし、親の縛りなどは気にならない環境で育ってきました。

対してわたしは、中距離恋愛(彼の自宅はふたつ県をまたぐ必要があった)だったので会うために費やすお金や時間が大きくなってしまって、実家暮らしのため親はふたりの付き合いを反対していました。

彼は、それが理解できなくてケンカは絶えませんでした。

ある日、会いに行くと彼はそっけなく、その態度で「もうわたしに気持ちがないな」と悟りました。

そのまま、彼の部屋に置いていた荷物を簡単にまとめて帰りました。

 
別れてから1週間、わたしは突然泣き出したり、ぼんやりしたりと不安定な気持ちのまま過ごしました。

わたしの心を大きく占めていた彼はもういません。えぐれた部分は時間がなだらかにしてくれると分かっていても、辛くて苦しかったです。

そして、ある日仕事から帰ろうとしたら、最寄駅で彼が待っていたのです。

「俺が悪かった。おまえには何も悪いところはないのに、お前の親とのことで色んなことを考えたら、俺たちはこの先もう無理なんじゃないかと思ったから。でも、俺はお前が好きだし、これから一緒に生きていくのはお前しかいないと思って(来た)」と言われました。

 
そんな彼のことが嬉しかったし、この苦しさから逃れられると思うと安心しました。

でも、わたしの親とのことはまだ解決していません。

そのことを話すと、「ふたりでちょっとずつ分かってもらおう」と言ってくれ、そうだ、自分ひとりで親を説得することにわたしも疲れていたんだ、ふたりで頑張っていけば、いつか認めてもらえると思い至りました。

結果としては、復縁は成功しました。

その4年後、わたしたちは無事に結婚して子どもも生まれています。

その間、ちくちくとくすぶる反対意見を親から投げかけられましたが、わたしたちのしあわせな生活が長く続くことが彼と結婚したことの証明になると思い、ケンカもしますが今もずっと仲良く過ごしています。
 

親に反対されてしまう恋愛もあると思いますが、親もむやみやたら反対しているのではなく、心配なんだと思います。

少しづつでいいのでわかってもらえるように歩み寄っていければいいんじゃないでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です