元カノとの復縁体験談

結婚に進展がなく不安になった彼女

結婚に進展がなく不安になった彼女

25歳から30歳まで付き合っていた彼女ですが、ある日これ以上は先が見えないという理由で急に別れを告げられ、電話も取ってくれなくなってしましました。

1番は結婚適齢期であるのにかかわらず、進展がないことに不安になったこと、それをほのめかしていたにも関わらず、スルーしていたということです。

 
それからというもの、とにかく1週間は、連絡をとらずにいましたが、やはり納得ができなかったのと、あきれめたくなかったので、とにかくまずは合って話がしたい旨をとにかlineで送りまくりました。

いよいよ折れてくれて実際にあってくれることとなりました。

それからは、まずは結論を急ぐのではなくどこを変えれば、継続して関係を続けられるのか、またそれ以上の話として実際に結婚するという選択肢もあるということ、そしてそれに向けて不安に思うことについて、1日ではなく1か月かけてゆっくりと話あいました。

その間にとにかく結論を急ぐのではなくゆっくりとゆっくりと時間をかけて説得を試みました。

 
その結果、見事にまずはいままで通り付き合うことでお互い納得し、見事み成功しました。

結果そのまま結婚することとなりました。

要因としては、とにかく年齢的な問題があったので、しっかりと将来を提示することが成功の要因だと思います。

あとはどうしても彼女の方から別れを切り出しているので、それをつなぎとめるためには、とにかくこちらの主張を抑えて、相手の主張に合わせるだけ合わせたことが大きいと思います。

ここで、自分の主張を押し通してはきっとダメだったと思います。

なので、自分の主張と彼女との関係の継続を天秤にかけ、選ぶ必要があると思います。

そこで折れることができるのが1番の成功の要因であると思います。
 

彼女の結婚への不安をしっかり解消できたのが復縁に繋がりましたね。

今すぐ結婚できなくても、ちゃんと将来を提示したことで不安がなくなったのでしょう。

特に男性は言葉足らずな時がありますが、はっきりと言葉で伝えることも重要ですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です