元カノとの復縁体験談

別れてから気づくことが多い

別れてから気づくことが多い

別れるまで5年程付き合っていましたが、価値観の違いが1番の理由です。

本当に些細なことが気になってしまうんですよね、電気の消し忘れとか、デリカシーの無い冗談とか、はたから見るととても仲良くしているように見えていたと思います。

 
おおよそ半年ほどたってきて、ほとんど無かった連絡を少しずつとるようになっていきました。

最初に連絡をくれたのは彼女の方からでしたね、化粧品を忘れたから今度取りに来たいと。

そのときはすぐに「元気でな」と帰っていったのですが、その日の夜、私自身がすごくたわいもない話をしたいと思って、LINEを一通だけ送りました。

彼女は少しマイナー気味のあるバンドが好きだったのですが、なかなかテレビにでないバンドだったこともあって、わたしも何故か嬉しくなってしまって、「今テレビに出てるよ演奏してるよ」と。

そしたら彼女から電話がかかってきてかなり高いテンションで喜んでいました。

そのあたりから連絡をとるようになり、最終的に復縁しました。

 
結果的には復縁して成功です。

別れ話をしたときに、お互いの本音を思いっきりぶつけ合ったのも今思えば良かったのかなと思います。

別れる覚悟でないと言えないことも伝えたため、お互いがこれだけ我慢してきていたんだと確認できました。

とはいえ、これも復縁した今だからこそ考えられることで、ケンカしたその時は相手にとてもツライ発言をしてしまったと反省しています。

ヒートアップしてかなり容赦ない罵詈雑言を吐いてしまったと思います。

あとは別れてから気づけることってホントに多いんですよね、ちょっとした気遣いとか、自分自身の常識の無さとかです。

彼女は言ってることはとても正論が多く、近くにいたときはそれがずっと鬱陶しく感じていました。

一度離れて冷静になる期間を作ったことは、私たちにとってはたくさんのことを再確認するために必要なことだったんだなと確信しています。
 

きっと彼女余も同じ気持ちだったのではないでしょうか。

本当に嫌いなら化粧品なんて取りに行かずに買いなおしますから。しかも半年後って。

冷却期間でお互いの大切さを再認識できたんですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です