元カノとの復縁体験談

自分の価値観を押し付けていた

自分の価値観を押し付けていた

一言で言ってしまうとお互いの価値観の違いにあります。

私は、喧嘩のときも責任の所在と、具体的な解決策、再発防止策を話し合うことが重要であると思っていました。

それは互いがこれからより良く過ごしていくために大切な事項であると考えていたからです。

その思いは今でも変わっていないのですが、彼女にも彼女なりの考えがありました。

恋人、延長線上にはパートナーとなるかもしれない人との間に責任の所在を求めたり、解決策を講じることを要求することは良くないといったことでした。

彼女はお互いが好きであり、味方同士であることを最も大事にしていたその考えを私が固執した考えを持っていたために理解できなかったことが別れの原因でした。

 
私からアプローチをしました。

まず、相手の考えについて理解する姿勢を十分に見せなかったことに対する謝罪をしました。

自分の考えに固執してしまったことに対する謝罪も含めてです。

さらに、今後としてはそちらの考えに実際に共感できる部分も多かったため、二人でルールを作成し、私の配慮ある言動を約束し、復縁に至りました。

 
成功した要因はひとえに相手の考えに対して理解を示したことだと思っています。

私の価値観を押し付け、相手の価値観を理解しようとしなかった姿勢を悔い改めたことです。

具体的には、カップルとして関係を継続させるためには、互いの悪いところを指摘しあう関係性も必要な一方で、相手という全く違う考えを持った個に対しての敬意を持ち、理解する姿勢を持つことが大事だったと思います。

最後に彼女のやさしさによって復縁が成功したそんな側面もあるかと思います。
 

別れの原因を解消できたのが最大の要因ですね。

この別れの原因を解決せずに復縁しようとする人が多いですが、別れた相手からすれば原因を解決するのが一番のアピールになりますからね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です