元カノとの復縁体験談

あえてこちらからは迫らず我慢する

 

あえてこちらからは迫らず我慢する

 

要点まとめ

「他の人が気になる」との理由で彼と距離を置いた彼女。

彼を彼女を信じて待つことにします・・・

 

別れてしまった理由は?

主な原因は「好きかどうかわからなくなったから」というものです。

その大きなきっかけとなったのが、彼女が女友だちと遊んでいたときに、その女友達の自宅に遊びに来ていた男友だちのことが気になってしまったことでした。

その人のことが頭から離れず、今まで通りに接することができないという風に打ち明けられました。

当時は僕も恋愛経験が浅く、彼女もそれを知っていたので真摯に向き合えない気持ちが彼女自身も我慢が出来なかったのだと思います。

 

冷却期間をどれくらい取りましたか?

約1か月

 

復縁の為にどんなアプローチをした(された)か?

「今まで通り接することができない、好きかどうかわからない」と言われたときは非常にショックを受けました。

ですが、ここでこちらが必死になって怒ったり、何を言っても急に彼女の気持ちなど変えることができないと思ったので、僕は「わかった。しばらく離れよう。待ってる。」とだけ言いました。

すると彼女は泣きながら「ありがとう。」と言いそのまま別れました。

その後も、僕は少し戦略的に”あえて”こちらから連絡することは我慢し、彼女の中で僕へ気持ちが向くのを待ちました。

 

結果はどうなりましたか?

すると約一か月後に僕のアルバイト先に彼女があらわれて、「もう一回やりなおして欲しい」と言われました。

突然すぎる登場だったので僕は嬉しいと感じる間もなく、それを受け入れました。

今思えばメールや電話でなく急に目の前にあらわれたのは、彼女の作戦(アプローチ)だったのかもしれません。

 

復縁が成功したor失敗した要因はなんでしたか?

復縁が成功したのは僕が彼女を絶対的に信頼していたし、本当に好きだったからだと思います。

だからこそ「好きかどうかわからない」と言われた時も、それが本当の理由だったと感じましたし、僕自身も「素直に彼女の気持ちを受け入れて、”待つ”ことが一番彼女が戻ってくる可能性が高いかもしれない」と判断することができました。
 

信じて待つことが最良だったようですが、これはなかなかに難しい判断です。

本人も言っていますが、信頼関係が前提となっています。

形やセリフだけ真似してもうまくいくとは限りませんね。